現在の脱毛方法は、フラッシュ脱毛と言って、特殊な光を毛根に充てることにより、組織から破壊して毛根から抜け落ちさせる手法が取られています。
フラッシュ脱毛の特徴は、痛みが少ない。という事です。
太くて濃い毛に反応しやすい光ですから、その部位になると、「パチ!」とした痛みが時々あるかもしれませんが、決して耐えられない様な物ではありません。
肌の負担も最小限に減らせる脱毛方法ですので、肌の弱い方にでも安心して施術することが可能です。

フラッシュ脱毛が主流になるまでは、脱毛と言えば、針脱毛が主流でした。
針脱毛は、ニードル脱毛とも言われます。
脱毛が世に出始めた頃は、このニードル脱毛しかなく、かなり痛い思いをされて脱毛を頑張った経験をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。

ニードル脱毛は、特殊な細い針を毛穴に差し込み、そこへ電流を流す事で、毛根を破壊する方法です。
実際に、針を毛穴に入れるわけですから・・想像しただけでも痛いという事はお解りになるかと思います。
ニードル脱毛は、その痛さはもちろんの事、施術後は肌が赤く腫れあがってしまう。という方が続出したそうです。

今思うと、決して安全で安心な方法ではなかったのかもしれませんね。
少なくとも、肌が弱い方はやらない方が良かった物でしょう。

色々な問題面があったからこそ、改善され、今の手軽で安全なフラッシュ脱毛になったのかもしれません。
ちなみにレーザー脱毛で施術を行っている所もまだ数多くあります。
レーザー脱毛も、痛い。というイメージが強かったですが、最近は改良され、痛みもフラッシュと同程度の様ですね。